シーバスルアーには、いろいろな種類があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

扱いやすいルアーほど、釣果アップに繋がりやすく、ただ巻きなど基本的な操作のみで結果を出すことが出来ます。

初心者でも扱いやすいルアーとして、トップウォーター、シンキングペンシル、ワームをあげますので、これからのルアー選びの参考にしてみてください。



fishing_fish_man


 
 初心者向け お勧めトップ 



トップウォーターで初めての1本を釣りたい時にお勧めなのが、このトリックアッパーです。

リールを巻きながらロッドテップを揺するだけで、パニックアクションを演出できます。

トップウォーターはシーバスの口に入りにくいという欠点がありますが、トリックアッパーの場合は浮き姿勢が立ち気味のため、しっかりと喰いやすくフッキングも決まりやすい。

出るけど乗らない時は、喰えないくらいのスピードで引いてきて一瞬ストップをいれるとフッキングします。

飛距離と操作性を兼ね備えたトリックアッパーでエキサイティングがトップウォーターゲームを満喫してください。





 
 初心者向け お勧めシンペン 



固定重心で17gで、飛距離は50メートルくらいは飛びます。

アクションは不規則なS字スラロームで、テールスイングするシンペンにスレたシーバスに有効です。

使い方は、スローに巻くことを意識してください。

アクションを入れて使おうとすると、なかなか結果がでません。

流れが緩い時にこのルアーのS字スラロームが有効で、ターン直後の姿勢を崩したあたりでバイトがでます。

なかなか口を使わないスレた居着きシーバスに、ワスプスラロームを是非使って見てください。






 
 初心者向け おすすめワーム 



メーカーがかっとびジグヘッドと言っているだけあって、15gならば50メートルぐらい飛びます。

ハイピッチロールアクションはナチュラルに誘えるため、スレたシーバスには特に効果あります。

トップウォーターやシンキングペンシルでは、どうしても口を使ってくれない、中層やボトムを意識しているシーバスに有効です。

主な使いどころは、河川のナイトゲーム、明暗ドリフトです。

硬めの素材のジョルティは、水受けがいいので是非河川で使ったみてください。







以上、2023年 お勧めルアー3選でした。


今年も残りわずかとなりました

今後も微力ながらブログやSNSで情報発信していこうと思います。

来年はどんな釣りができるか、今から楽しみでなりません。

皆様の新しい年が良い魚との出会いがあるように心よりお祈り申し上げます。

ではでは、どうぞ良い年をお迎えください。



kohacu.com_002401_20190526_v2 (1)